出会い系(ハッピーメール)体験談

単身赴任での出会い系(ハッピーメール)体験談 44歳 バツイチ

私の単身赴任の楽しみはなんといってもエッチです(笑)

この楽しみ抜きにしては単身赴任は成立しません。

今の世の中、自然に出会いがあるなんてことはありません。

昔ならばナンパが主流でしたが、そんなことは私にはできませんでした。

若い時は、風俗行くしか私は満たされなかったのです。
一時期テレクラなるものが流行りました。

一部には本当の素人いましたが、そのほとんどは今でいう援助目的です。

テレクラでも多少はいい思いはしましたが、イマイチな感じでした。

そして今のこのインターネット時代にあっては、「出会い系」なのです。

この時代に単身赴任できて本当によかったと思う今日この頃です(^◇^;)

今回は44歳バツイチ熟女です。

40代のバツイチというと私のイメージはかなりの確率で喫煙者です。

パチンコ好きもかなりいます。

といってもこれは出会い系だけの話なのかもしれませんが^^;
しかし、今回は珍しく禁煙者です。

といいますか、過去においてもほとんど吸ったことがないということでした。

今回のプロフィール検索は、年齢は気にせずスタイルだけで検索しました。

普通体型以下です。
身長も気にせず、私よりも背が高くてもOKです。

もっとも私が良くても相手の女性がやはり自分よりは背の高い方を選ぶと思いますが・・・。

私としてはもちろんエッチできれば別に年齢はどうでもいいのです(笑)

若い子には若いなりに、熟女ならば熟女なりに楽しめます。

今回の熟女は44歳普通体型で、職業はよくわかりませんが子供は一人います。

住んでいるところは意外と違いのですが、私がこちらが地元でないことを言うと安心したみたいでした。

サクラ・ヤラセ一切なしの本物の出会い!ハッピーメール(18禁)

単身赴任での出会い系(ハッピーメール)44歳バツイチとのメール

出会い系ハッピーメールのやり取りはほんの3日程度でした。

それ以降はライン交換してゆっくりと会話しました。

みなさんも出会い系で遊ぶ場合は、可能ならばラインやカカオまたは普通のメールのやり取りをおすすめします。

出会い系のメールは男性だけが課金されるシステムなので、早めに切り替えることができたら料金を気にせずにやり取りすることができます。

ラインでは画像交換(といっても顔はNGです)することができたので、それをおかずに妄想してオナニーしてました(^◇^;)

また、時間のある時はライン電話で声も聞くことができました。
やはり文字や画像以外に声はインパクトがあるものです。

もちろん、エッチな会話も多かったです。

バツイチになってからも、2人の男とセックスはしてたみたいです。

オナニーはあまりしないみたいですが、嫌いではないらしいです。

サクラ・ヤラセ一切なしの本物の出会い!ハッピーメール(18禁)

単身赴任での出会い系(ハッピーメール)44歳バツイチと会う

今までのやり取りから、出会い系経験豊富な?私としてはかなりの確率でやれると思っていました。

それでもまずは会わないことには始まりません。

子供いると言うことなので、なんとか平日の昼間に時間をとって誘ってみました。

熟女もOKの返事が帰って来ました。
火曜日の11時、カフェのランチです。

待ち合わせは図書館の裏の方で、私が車で向かいに行くことにしています。

出会い系でなんども待ち合わせを会っていても、やはりこの時が一番緊張するものです。

スタイルがわかっていても、顔まではわかっていないのですから・・・。

11時ちょっと前に図書館裏口に停車しました。
ここは駐車禁止なのであまり長くは止めることはできません。

止めてすぐに熟女が来ました。
グレーのスカートに黒ストと言っていたのですぐにわかりました。

お互い軽く会釈して確かめあいました。
私は助手席を開けて、彼女を向かい入れました。

ほのかにいい匂いが車内に漂います。
助手席にかけた彼女の足に視線がいってしまます。

黒スト好きの私にはたまりません。
膝の上にスリスリしたい衝動に駆られます。

カフェまでは10分ほど、車内でも話は盛り上がりました。

カフェに入って席に着き、相手の顔を正面から見ることができました。

丸顔で昭和系といったらいいでしょうか。

私はどっぷり昭和生まれなので、平成顔がどう言うものなのかはよくわかりませんが^^;

美人とかかわいいとかというようなタイプではないですが、清潔そうな清楚なタイプでした。

とてもラインでエロ会話していた相手とは思いもしませんでした。

ちょっと話せばお互いすぐに打ち解けることができました。

彼女はどう思っていたかわかりませんが、私この時もう妄想がぐるぐる回っていました。

まだ昼間なのですが、すぐにでもラブホに行きたい感じです。

ただしここは彼女の住んでいる地域でもあるので、あまり昼間からは無理できないはずです。

それでも私は彼女にこそっと聞いて見ました。
「ラブホに行きたい」

彼女は笑っていましたが、まんざらでもない様子です。

そこで、ここからちょっと離れたところなら大丈夫でしょう?

っとたたみかけました。

「行きますか」
っと、一言(^◇^;)

いやぁもう、出会い系で何がいいかっていうと、この瞬間なのです。

いつもならば、カフェの後はドライブなのですが、もうラブホ直行です。

しかもまだ13時半kらいです(笑)

サクラ・ヤラセ一切なしの本物の出会い!ハッピーメール(18禁)

単身赴任での出会い系(ハッピーメール)44歳バツイチとラブホへ

ラブホはお互い初めて入るところでした。

ちょっと高めのところでしたが、内部は綺麗で高級ホテル感がありました。

ソファーに座って、ちょっと会話してから
私は彼女を抱き寄せました。

彼女は目をつぶっていました。

キスをすると彼女の反応は、私にグッと抱きついて来ました。

お互い人間に飢えているような感覚で、抱き合いました。

しばらくしてから、一緒に風呂に入りました。

彼女は恥ずかしいのか、先に入って待っているといいました。

後で行くと、風呂の浴槽はあわあわになっていて彼女の体型がよくわからなくなっていました。

私は彼女の後方から入り、後ろから胸をもみました。

その感触は熟女というよりももっと若く感じました。

乳首をつまむと彼女は声をあげました。

その手で、今度は下半身の茂みに持って行きました。

風呂の中でも濡れているのがわかりました。
指でクリとリスをつまみます。

彼女は目を閉じてじっとしています。
ゆっくりと指を挿入します。

「ああぁ」

なんとも言えない声が聞こえて来ます。
もう私のあそこはビンビンです。

この場で入れたかったですが、なにせ生はやばいですからね。

風呂から上がると今度は、彼女の口を私のあそこに誘導しました。

彼女は拒否することなく、口に中に含んでくれました。

熟女の口技はなんとも言えないものです。

若い子のフェラともまた違います。

次に彼女のベットに膝まつかせて、私がバックから舐めあげます。
あそこから、アナルも舐めました。

アナルに舌がいったときの彼女の反応は凄まじいものがありました。

後で聞いた話では、初めてアナルを舐められたそうです。

もうあそこはぐっちょりです。
洪水のごとく次から次へと出て来ます。

それを何度も舐めあげました。
熟女の声はすごかったです。

最後はバックのまま入れて放出しました。
もうぐったりです(^_^;)

若い女性にはセックスがありました。

私は出会い系で会った女性とはあまり2度目に会うことはしません。

しかし、今回はまた会いたいと強く思いました。

彼女のフェラをもう一度体験したい・・・。

そして彼女のアナル舐めてあげたい・・・。

そんな思いが強く残りました。
熟女のセックスはいいですよ〜!

皆さんも是非出会い系ハッピーメールで熟女を探して見てください!

ハッピーメール

単身赴任のおっさんでも会えます!
ハッピーメールは出会い系の中でもオススメのサイトです。
アプリも直感的に使用できて、相手を見つけやすいと思います。
出会い系アプリならまずは、ハッピーメールです。

PCMAX

PCMAXは普通の出会いというより、エッチ目的が多いです。
単身赴任でエッチ目的ならばPCMAXです。
出会い系アプリの中でも使いやすいです。
おっさんでも十分楽しめます!

ワクワクメール

ワクワクメールは恋愛目的からアダルトな出会まで幅広いです。
年齢層も10代の女子大生から60代熟女まで!
あなたの目的と好みの女性の合わせて使えます。
ワクワクメールアプリで単身赴任も激変です。

-出会い系(ハッピーメール)体験談
-, , ,

Copyright© 出会い系アプリでの単身赴任中のおっさん体験談 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.