出会い系(PCMAX)体験談

出会い系サイト(PCMAX)での体験談:42歳 人妻(専業主婦)子供2人

人妻だから簡単にいくとは限らない

出会い系(PCMAX)での女性会員の中で一番多いのは人妻だと思います。
しかし出会い系にいる人妻だけということだけで、簡単にやれるというわけではありません。

結婚しているからこそ注意深くなっているものなのです。
人妻こそ人目を気にするものです。
それを理解してこそ、人妻を相手にできるのです。

出会い系(PCMAX)で掲示板の検索ではなくて、プロフィール検索してこの人妻を見つけました。

体型は普通となっていますが、会った時にがっかりすることもあるのでとりあえずぽっちゃり系と思うことにしています。

お子さんは高校生ということで平日の日中の時間帯は暇なようです。

最初のメールでは、私の場合は必ず単身赴任できているということを前置きしています。
そういうことで地元の人ではないということをアピールしておきます。
そうすることで人妻は少し安心感を得られます。

人妻からどちらから単身赴任で来ているかということで、メールの会話が始まりました。
最初はすぐにはエロい話題はしません。
地元とか家族とか一般的なことをやり取りしていきます。

出会い系(PCMAX)メールからラインへ

出会い系(PCMAX)のメールはポイントがかります。
そのため男性側は早めにラインなどの連絡手段に変えたいと思っています。

このラインへの移行ができればかなりの確率で会うことが出来ます。
ライン交換は私のIDを教えて人妻に登録してもらえました。

こうなればしめたものです。
エロい会話も徐々にしていきます。

出会い系にいる人妻は性欲的に満たされていいない人が多いのです。
それをどの程度のものかを聞き出していきます。

旦那様とはセックスしてますか?
どんなセックスがいいの?

しかし、ラインでもなかなか正直なことは言ってくれませんでした。
それでも人妻とのラインとのやり取りは刺激的です。
42歳といっても私よりははるかに年下なので、おっさんの欲求をラインだけでも満たされてしまうものなのです。

ラインから実際に会うまで

ラインではいくらやり取りしてもお金はかかりません。
そのため、そんなに焦らなくてもいいのですが、やはりはやく会ってみたいという欲望には負けてしまいます。

会う約束は平日の昼間がベストです。
幸い私の仕事は土日の仕事もあるので、平日の休みもあります。
そのため平日でも会うことは出来るのです。
(もしなくても休みをとってでも会っていたでしょう)

会う約束をとるためにはラインのやり取りは頻繁に行いました。
ただし相手は人妻です。
旦那様にあまり気づかれないようにする気遣いも必要です。

私は、昼間の時間帯に会話をするように職場からでもラインをしていました。
ラインでメッセージやりとりの他に電話でも話せます。

お互いが一人のときにはそれが可能なのです。
相手の声を聴くとそれだけで印象も変わってくるものなのです。

メッセージの印象では結構遊び人風だったのですが、声を聴いてみるとすごく真面目な印象を受けました。

直接電話ではなしたのこの一回だけでしたが、次はいよいよ実際に会うことになります。

出会い系(PCMAX)で実際に人妻に会う

さていよいよ人妻と会うことになりました。
もうこれは心臓はバクバクしてきます。

待ち合わせの場所は大きなスーパーの駐車場です。
もちろん人妻がよく行っているところとは違うスーパーです。

私が駐車場に止めたら、その場所を人妻に教えて私の車に乗ってもらうというものです。
会ってからはランチを食べに行く約束をしていました。

天気はあいにくの雨でしたが、こういう出会いはかえって天気が悪いほうが人目にもつかなくていいのです。

こちらの車種や色やなどを伝えてありました。

待ち合わせ時間のちょっと前について、スマホとにらめっこしていました。
ラインで「もうちょっとで着きます」と連絡が来ました。

この瞬間が私は好きです。

しばらくする、赤い傘の女性が来ました。
すぐに人妻とわかりました。
会釈をしてクルマのドアを開けました。

第一印象は、体型は普通ということでぽっちゃりと思っていましたが、普通よりはちょっとやせています。

顔は40代と言われればそうかなぁ思う感じで、嫌いなタイプではなくよかったです。

「はじめまして〇〇です」

もう結構メールやラインをやってお互い結構エロい会話をしていても、実際にあってみればこういうものです^^;

私:「ランチはなにがいいですか?」
人妻:「おまかせしますよ」

単身赴任は、一応自炊はしていますが面倒なときはすぐに外食なってしまうので店関係は結構詳しかったりします。

ランチはパスタの店で、少し会話をしました。

しかし、内心私はもうラブホに行ってやりたい・・・
下半身は元気すぎていました^^;

会ってからラブホまで

私は最初はランチだけで会えればそれでいいとおもっていました。
けど実際にあってみるとやはり究極の目的であるセックスに意識が飛んでしまいます。

こんなおっさんでもそんなことはなかなか言い出せませんでした。

ランチも終わり店を出たあとで、思い切って誘ってみました。
人妻はちょっと困った顔をしましたが、会って話して安心感も会ったのかOKしてくれました。

意外な返事にもう舞い上がってしまい、スマホでラブホを検索する指も震えました^^;
ラブホも相手が人妻なので街中ではなく郊外を選択しました。
こういうふうになるのならばもっとラブホを調べておくべきでした。

ラブホに入ってからは、私もちょっと落ち着いてソファに座って少し話をしました。
しばらくして少しづつ人妻にちょっかい掛けていきました。

後ろに手を回して少しづつ抱きしめていきました。
人妻は抵抗なく受け入れてくれます。

私はキスが好きです。
抱き寄せて軽くキスした後に、舌を徐々に入れて深いキスをしました。
もうあそこははちきれそうです。
服の上から胸を触りつつ、人妻の手を私のあそこにあてがいました。

人妻は丁寧になでてくれました。
もうすぐにでも挿入したいと思いましたが、まずは風呂に入りただろうと思いとどまりました。

風呂のお湯を入れて一緒に入りませんか聞いてみましたが、さすがにそれは抵抗があったのか別々に入りました。

タオルを巻いて出てきた人妻は色っぽくて、こんな人と出会えてほんとに良かったと思いました。

これからはどうやって人妻を満足させるかに集中しました。
ベットに入り、人妻のバスタオルを取ってまずはキスです。

ほっぺたから首筋、唇、そして乳首と人妻の反応を見ながらゆっくりと攻めていきました。
乳首を吸いながら、下半身に手をやるともうびっしょりと熱いものがねっとりと指に絡みついてきました。

私はクンニは苦手なのですがこのときはあまり考えずに、人妻のあそこに舌を這わせていました。

人妻も我慢していたのかクンニで感じる声を大きくしてきました。
指や舌で人妻の全身を愛撫して行きました。

人妻もフェラで応答してくれます。

もう挿入したいという気が大きくなってきました。
きちんとゴムを付けて正常位でゆっくり挿入していきます。
人妻の締め付けはビクビクして絡みついてきます。
久々の強い刺激でオナニーでは得られない快感がありました。

気がついたら汗びっしょりで、果てていました・・・。
人妻も満足したようでした。

次にまた会う約束をして人妻をスーパーの駐車場まで送りました。
残念ながらこの人妻とは、それ以降は会えていません。
しかし、ラインではやり取りできているので嫌われてはいないようです。
次に会えるのが待ち遠しいです。

ハッピーメール

単身赴任のおっさんでも会えます!
ハッピーメールは出会い系の中でもオススメのサイトです。
アプリも直感的に使用できて、相手を見つけやすいと思います。
出会い系アプリならまずは、ハッピーメールです。

PCMAX

PCMAXは普通の出会いというより、エッチ目的が多いです。
単身赴任でエッチ目的ならばPCMAXです。
出会い系アプリの中でも使いやすいです。
おっさんでも十分楽しめます!

ワクワクメール

ワクワクメールは恋愛目的からアダルトな出会まで幅広いです。
年齢層も10代の女子大生から60代熟女まで!
あなたの目的と好みの女性の合わせて使えます。
ワクワクメールアプリで単身赴任も激変です。

-出会い系(PCMAX)体験談
-, ,

Copyright© 出会い系アプリでの単身赴任中のおっさん体験談 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.